相続・遺言関連記事まとめ

相続に関する記事

相続人 相続が起こった場合の法的な手続として、まず最初にしなければならないのは、相続人を確定することです。 通常は、さほど難しいことでは...
相続分とは 相続分というのは、相続人がどのような割合で遺産を相続できるかを示したものです。相続割合と言ったりもします。 相続人と同様に、...
遺贈と登記 不動産を持っている人に相続が起こった場合、当然その不動産の所有者が変わります。不動産の所有者が変わったときには、普通は名義の書...
相続放棄 相続財産、つまり遺産ですが、これには2種類あります。プラスの財産とマイナスの財産です。 通常、遺産と言うと、土地や家、株式や銀...
遺留分 例えば、相続人が長女と二女の2人だけという状況の中、父親が「全財産は二女に相続させる」という遺言を残して亡くなったとします。 父...
相続登記の必要性 「遺贈と登記」のところで説明したように、相続の場合には二重譲渡の心配はありません。相続開始後、亡くなった方が相続人以外の...
相続登記を放置してはいけない理由 相続登記を放置すべきでない理由はいくつか考えられます。 相続から時間が経過すると、相続人が非協力的にな...

遺言に関する記事

遺言の意義 遺言を作成する意義とは、おそらく多くの場合、「財産の分配方法を決めるため」ということになるのだと思われます。 誰にどれだけの...
遺言の方式 遺言は厳格な様式行為です。書き方には規則があって、それを間違ってしまうと、せっかく書いた遺言の効力がなくなってしまいます。 ...
遺言の必要性 遺言書を作成する必要性が高い場合と言うのがあります。具体的にどのような場合か、いくつかを以下にあげてみます。 事例1 子供...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする